沖データ(OKI) トナーカートリッジ シアン (MC562/362dn/C531dn/511dn/312dn) TNR-C4KC1

文字サイズ

疾患別ご利用ガイド

変形性股関節症


整形外科第一 杉山 肇

変形性股関節症(股関節症)は、股関節におこる変形性関節症です。そのため、この病気を知るためには、「股関節とは何か?」「変形性関節症とはなにか?」を知らなくてはなりません。
そこで、ここでは、第一部として「変形性股関節症とは何か?」、第二部として「変形性股関節症の治療!」について述べさせていただきます。

第一部 変形性股関節症とは何か?

股関節は、人の中で最大の関節であり、その構造の特徴から極めて大きな負担(力)がかかるようになっています。普段、片足で立っているだけでも体重の3~4倍もの重さが股関節にはかかり、早足で歩く時には約10倍もの力がかかると言われています。また、椅子からの立ち上がり動作や階段の上り下りでも大きな力がかかるほか、床へのしゃがみこみ立ち上がりの動作では股関節に極めて大きな負担がかかると考えられます。まずこのことを良く理解してください。

次に、理解してもらわなければならないのが、変形性関節症です。この病気は、軟骨が磨り減ることが原因ですが、加齢(老化)をベースにしています。そのため、一旦発症すると慢性的に経過して徐々に関節が壊れていきます。すなわち、厳しい言い方をすると治らないといっても過言ではないのです。膝関節が悪くなる人が多く、患者さんの数は2000万人から3000万人とも言われ、40歳以上の女性の50%がこの疾患に罹っていると推定されます。股関節の変形性関節症(股関節症)は、その1/10の300万人ぐらいと予想されていますが、実際には解りません。人工関節になる人の数をみて見ますと、膝と股関節はほぼ同じ(年間6万人程度)ですから、もしかすると徐々に悪くなっていても気づかないでいる人が多いのかもしれません。


股関節のX線所見


ほぼ正常な股関節

骨粗しょう症で、40歳を過ぎると骨密度が減少してくることをお聞きになったことがあると思いますが、軟骨も同